視察2日目

視察の二日目、まず県営南が丘住宅を訪問しました。県営住宅の設置の目的は、地域経済の低迷に伴い、住宅に困窮する低額所得者向けの住宅需要が高まり、特に応募倍率が高い秋田市内への県営住宅が必要とされたことです。

事業の概要は、91個の団地を計画する中で、公共建築において木材活用を推進する政策を掲げ、当団地についても「木材を活用した団地」として、木造平屋建ての3戸タイプと2戸タイプの長屋形式の住宅による「木の暖かみ」が感じられる街並み整備と誰もが住みやすい住宅の整備を行っています。秋田杉の積極的活用、高齢社会対応のモデルとなる住宅、民間ノウハウを活用などでは、民間事業者が設計及び建設を行い、完成後に県が公営住宅として買い取る方式(買い取り方式)での整備を行っています。

土地が広い、民間開発が滞った地域への公的支援という側面もある中、都会では考えられない環境と空間を勉強させていただきました。

IMG_3458 IMG_3470

 

はしもと紀子 の紹介

高槻市議会議員のはしもと紀子です。
カテゴリー: その他   パーマリンク

コメントは受け付けていません。